家業の相続トラブルなら金融に強い弁護士に相談

家業の相続トラブルなら金融に強い弁護士に相談

自分がお店や会社を経営する立場であった場合、そのお店は遺産となる事があります。

例えば、1億円の現金と経営しているお店を残して自分が他界してしまった場合、それらの金融財産について遺産分割が行われることになります。



現金のみであれば弁護士による遺言書の作成によりきちんと等分することにより金融トラブルを防いだ相続が可能なのですが、持っているお店に金融資産上の価値があり、常に高い売り上げを上げ続けているといった状況であれば、相続に関して紛争が起こってしまう事も決して珍しくありません。
お店を遺産としてどう相続するかについて弁護士などの法律家に事前に相談しておかないと、お店の金融評価額がどの程度になるかについて親族間で揉めてしまう原因となってしまいます。

評価額の算定方法についてですが、お店が過去にコンスタントに上げていた利益から人件費や光熱費などの経費を引いた額が基準となる事が多いです。

All Aboutに関する情報を公開しているサイトです。

しかし、計算方法は複数あり、どの計算式を利用してお店の売上額を決定するかは最終的には話し合いで決める事が必要になります。

相続の弁護士の口コミ情報を参考にしよう。

そして、その話し合いの結果次第では遺産について不利になってしまう人が出る場合もある事を忘れてはなりません。

このような、直接現金に交換することのできない遺産を持っている人は、元気なうちから金融財産としてのお店をどのように分割するかを決定しておかなければなりません。

これを怠ると、弁護士を使った裁判所での争いが起こってしまいます。

Copyright (C) 2015 家業の相続トラブルなら金融に強い弁護士に相談 All Rights Reserved.